コラム

灘酒の台所

近世になり、酒造りが京都の伏見、池田、伊丹で盛んとなりました。伊丹の鴻池善右衛門はそれまでの濁り酒に代わる澄んだ酒(清酒)を造り始めます。またこの頃、沿岸部に酒樽輸送の発着点のあった「灘酒」が台頭。江戸時代中頃には、灘酒は江戸の市場を独占するようになりました。この灘五郷の良質な酒粕により、神戸を中心とした兵庫県は奈良漬の大産地となったのです。

一覧へ戻る

お問い合わせ